写真家 岡本英理のブログ

映画 映画 映画

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)

日本赤軍との関係も深い若松孝二監督が 革命を叫ぶ若者のそばから1972年の日本中がテレビに釘付けとなった連合赤軍・あさま山荘事件に迫る人間ドラマ。狂信的な連合赤軍メンバーの革命への夢が 同志殺しという悪夢へと至るプロセスが臨場感たっぷりに描かれる。

あまりのも私に知識がなさ過ぎて 最初の方はついていくのにやっとでした。



最高の人生の見つけ方

仕事人間の大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と 家族のために一生懸命働いてきたカーター(モーガン・フリーマン)は 入院先の病室相部屋となる。共に余命は6か月。やりたいことをすべてやり尽くそうと決意。やりたいことリストの『棺おけリスト』を手にまざまなことに挑戦するなかで 心から一番大切な事を再確認する。

私が余命半年と宣告されたらなにをするだろう…。
なにが出来るだろう…。
棺おけリストをつくろうと思いました。



あの空をおぼえてる

写真館を営む雅仁(竹野内豊)は妻(水野美紀)と息子(広田亮平) 娘(吉田里琴)と幸せに暮らしていた。ある日 子どもたちが交通事故に遭い 息子は無事生還するが 娘は亡くなってしまう。雅仁は娘を守れなかったことで自分を責め生き残った息子は悲しみのあまり抜け殻のようになってしまった両親に笑顔を取り戻そうと健気に振る舞う。

娘役の女の子がめちゃくちゃかわいくて 大人の彼女を見てみたいと思いました。
[PR]
by okamotoeri | 2008-05-14 19:39 | 映画